次回、第49期の講座は、2010年10月8日(金)に開講いたします。

開講期間
2010年10月8日(金)より2011年1月7日(水)の全8回

詳しくは名古屋市民大学講座サイトをご覧ください。

2009年07月17日

大谷昭宏先生講座感想文A

・「決断」や「主張」には命を賭けて。
40年間事件を扱い、自信を持ってコメントしてきた言葉には重みがありました。悔いなく人生を全うする秘訣は、日頃のこのような心構えであり、何事にも通じますネ。心して生きます。(60代 男性)
・事件、事故の現場を、事実をもとに深く洞察する目をもつ。平面的な見方の危うさを教えてもらえたと感じました。(60代 男性)
・市民感覚を反映させるための裁判員制度、参加対象事件が死刑や無期刑のみとしており、有罪・無罪判断のみでなく、量刑判断も求められ、素人に非常に重苦しく感じている。裁判員に対する責務が重すぎて、できることなら選定されないことを望んでいる。(60代 男性)

以上原文のまま
(続く・・・)


posted by サザエさん at 14:18| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。