次回、第49期の講座は、2010年10月8日(金)に開講いたします。

開講期間
2010年10月8日(金)より2011年1月7日(水)の全8回

詳しくは名古屋市民大学講座サイトをご覧ください。

2009年07月27日

雷門幸福先生講座感想文@

7月23日(木)
落語家
雷門 幸福 先生
『伝統 現代を読み解く鍵』

・麻生総理の真似、上手でした。朝青龍の壊れた師弟関係の話も興味深かったです。前半の古典落語、どんどんひきこまれたくさん笑いました。一度聞いたことがありますが分かっていても楽しむことができました。“師匠選びも芸のうち”一生ついていける師匠を見つけた幸福さんはシアワセですね。大須演芸場の繁栄をお祈りいたします。(40代 女性)
・話芸、人をひきつける話し、話し方、繰り返しの訓練の中で磨かれるものとあらためて認識した。(60代 男性)
・歌舞伎の中には落語をもとにつくられたものがあると聞くが、先生の話しに落語が300年余の歴史をもっていると知った。長い期間、数多い落語家が語り継ぎ、言葉が選ばれ、研究され磨き上げられた話術を今後も楽しみたい。(60代 男性)
posted by サザエさん at 16:54| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座の感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。